やちおさんハイブリッド!

Master

  • 有賀 冬
    lostendsleeps★mail.goo.ne.jp
    (★→@)



或る管理人の記録

  • ギャー!大変更新しておりませんでした!
    調子が戻り始めたので、またチョコチョコ更新再開いたします。


トラックバック


ブロとも申請フォーム


[ スポンサーサイト ]

 x   Index  x 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 / --.--.-- ]






[ おやつの時間 ]

 x   Index  x 


前回
 腹が空きました。
「ほら、飯だぞ」
 空腹なのです。

 この男は私を「ガキ」と呼びます。子供のことではありません。餓えた鬼と書く、化け物の名前です。餓鬼。
 皮のはりついた棒のような、奇妙に長い腕。あちこちにシミの浮いた肌。背は低く、ぶくりと膨れた腹に沿ってひどく曲がっています。
 そして、名前の通りいつも餓えています。

 男は私に食事を与えます。

 肉。
 白米。
 トマト。
 きゅうり。
 弁当の容器。
 ペットボトル。
 道端で死んだ猫。
 ティッシュの空箱。
 邪魔になった古新聞。
 空になったスプレー缶。
 発泡スチロールのトレイ。
 破壊したテープレコーダー。
 自動販売機の現金以外の部分。
 残りの少し入ったビールの空缶。
 読み古してぼろぼろになった雑誌。
 マヨネーズにまみれたブロッコリー。
 家の前に駐車された邪魔極まりない車。
 世話を怠り枯らしたフリージアの鉢植え。
 自転車に巻き込みやむをえず紐を切った鞄。
 醤油をこぼして目茶苦茶に汚れたカーペット。
 手に入らない女の人間。気に入らない男の人間。

 私は食べます。好き嫌いなく、どんなものでも。
 男の与える物は私の飢えを満たします。他の人間ではいけません。
 男は食事中の私を見ます。目を細めて私を見ます。その視線が私を満たします。
「うまいか」
 男が言います。
 私は男に触りたくなります。
 手を伸ばすと、男は怯えたようにあとずさります。
「やめろよ」
 嫌ですか、私の腕が触れるのは?
 空腹に似た気持ちが、腹とは別の場所からこみ上げてきます。
 胸のあたりがぶくりと醜く膨れます。

 食いたい。
[ 創作短文 / 2006.09.21 / Co4 ]





スポンサーサイト


 x   Index  x 



08/200609/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。