やちおさんハイブリッド!

Master

  • 有賀 冬
    lostendsleeps★mail.goo.ne.jp
    (★→@)



或る管理人の記録

  • ギャー!大変更新しておりませんでした!
    調子が戻り始めたので、またチョコチョコ更新再開いたします。


トラックバック


ブロとも申請フォーム


[ スポンサーサイト ]

 x   Index  x 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 / --.--.-- ]






[ ことりときいろのふうせん ]

 x   Index  x 


 きいろのふうせんは おこりんぼ。
 まいにちまいにち
 ぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつ。
 もんくを いっては ふくれてばかり。
「どうして ぼくは きいろなんだ! あかいふうせんに なりたかったのに」
 それをみていた ちいさなことりが ききました。
「なにが そんなにいやなの? きれいなきいろなのに」
 ふうせんは いやなかおをして
「あんたには わからないよ」

 きいろのふうせんは つぎのひも。
 ぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつ。
「どうしてぼくは 12こ 100えんなんだ! ほかのやつらより ずぅっと おおきくなれるのに」
 ことりはふうせんに いいました。
「どうして 12こ 100えんが いやなの?」
 ふうせんは またぷくぷくふくれて
「あんたにはわからないよ」

 その つぎのひも。
 ぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつ。
「どうしてぼくは まるいふうせんなんだ! ほそながいやつなら いろんなかたちになれたのに」
 ことりは めを まるくして
「まるいからだが きらいなの?」
「うるさいな!」
 とうとう きいろのふうせんは おおきなこえを だしました。
 びっくりしたことりが ぱたぱたと にげだしました。

「ほら あんたにはわからない。うまれたときから そらがとべるやつに ぼくのきもちは わからない」
 それから きいろのふうせんは

ぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつ!!

 まいにち おこっていたせいで とてもおおきくなりました。
「どうだ ぼくより おおきくなれる やつはいないぞ」
 けれど すこしも たのしくない。
 おなかのなかが すかすかして なにかがたりない きがするのです。

「ねぇ ねぇ」
 ことりのこえが しました。
 ことりは そらをとんでいました。
「ずいぶん おおきくなったのね。わたしより ずっとずっと おおきくなったのね」
 じぶんより ちいさなことりを みて ふうせんは かなしくなりました。
「どうしてぼくは おおきくなったんだろう。こんなからだ いらない」
「どうして?」
「おもくて おもくて うごけないんだ。いやなきもちが とまらない。ぼくは ほんとうは なにがほしかったんだろう」 きいろのふうせんから ぽろり。
 なみだが ひとつぶ おちました。
 ことりは なみだを ついばむと
「かなしい あじね」
 といいました。
「わたしには はしるための あしはなくて。なにかをつくるための てのひらはなくて。
 だけどそのかわりに そらをとぶ はねがあるのよ」
「ぼくにも あるのかな。ぼくにしかできない ぼくだけのちから」
「あるわ」
 ことりが いいました。

「ほんとうに ぼくにちからがあるのなら こんなからだは いらない」
 しゅるるん!
 きいろのふうせんは たまったくうきを はきだしてみました。
「からだが かるい。
 すこし ちいさく なったけど」
 きいろのふうせんは なんだか うれしくなって からだにたまった ぶつぶついっていたくうきを
 はいて はいて はいて はいて はいて!

 しゅるるるん!

 かるくなったからだが じめんをはなれて
 みあげた さき
 あおく あおく あおく

 そら が
スポンサーサイト
[ 創作短文 / 2006.08.25 / Co0 ]






 x   Index  x 


[ Comment ]
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
 Secret


07/201708/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。