やちおさんハイブリッド!

Master

  • 有賀 冬
    lostendsleeps★mail.goo.ne.jp
    (★→@)



或る管理人の記録

  • ギャー!大変更新しておりませんでした!
    調子が戻り始めたので、またチョコチョコ更新再開いたします。


トラックバック


ブロとも申請フォーム


[ スポンサーサイト ]

 x   Index  x 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 / --.--.-- ]






[ 街角ゴーストハイツ ]

 x   Index  x 


 どうしてこんな事をしているのか、ですか?

 子供っぽくてお恥ずかしいんですが、僕は怖い話が好きなんですよ。もう滅法目がなくて。怪談収集のために不動産業界にいるようなもんでして。
 多いんですよ、この業界。「幽霊が出るから部屋を変えてくれ」なんてザラですよ、ザラ。

 おとといもありましたよ。事務所にいたら赤い目の男が駆け込んできて、部屋を解約したい、と。
 毎晩女が出るそうなんですよ、夢に。
 下半身を血に染めた女が、長い髪の間からこっちを見ているのだ、と。
 目が覚めると金縛りにあっていて、子供の声がする。

「うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで、うんで」

 「産んで」だったみたいです。
 その人、腹が妊婦みたいに膨れてきちゃったんですよ。ぶっくり。男なのに。病院に行ったら腹水がたまってるらしくて、手術だって言ってましたけど。
 部屋は解約してあげましたよ。でも、もう手遅れじゃないかな。
 男の人の腹、見せてもらったんですけどね。子供の手形が浮き出てるんですよ。
 小さな紅葉みたいな可愛いてのひらがね、こう、腹を押し破るようにふたつ。

 いや、こんなものは序の口ですよ。
 あなた、一番「怖い」部屋ってどんなところだと思います?
 僕の経験上、自殺や殺人のあった部屋はさほど怖くないんですよ。今日本じゃ、四分に一人自殺者が出てるって、知ってます? 病死や事故死を含めたら、一日に死ぬ人数なんて数え切れない。
 化けて出る霊なんてほとんどいないと思いますよ。未練があるとかでグダグダしてるのは、お払いしてやれば大体もう出てこない。

 問題があるのは、曰くがないのに「出る」部屋。
 犯罪や死が自動的に引き寄せられる「場所」。
 そういうのが一番怖い。

 その部屋に住人がいるうちは、別に平気なんですよ。何の問題もない2LDKなんです。
 ところが空き部屋になると死体が出るんですよ。
 ええ、霊ではありません。死体です。

 空気の入れ替えや、お客さんを案内するために行くんですけどね。毎回、転がってるんですよ。
 鼠。猫。鳩。犬。鴉。一番北側の窓のところに、内臓を引き出されてズタズタのまま放置されている。
 鍵のかかった密室の中、蒸された血臭と腐敗臭が一気にむわっとくるんです。あれは最悪ですねぇ。

 一度、人間の男の死体の事がありましてね。
 さすがに事件でしょう。警察が来ました。他殺でした。私も見ましたよ、死体。さすがに気持ちが悪いもんですねぇ。死んだ人には失礼ですが、吐きましたよ。
 犯人ですか?
 つかまりましたよ。大家の甥でした。合鍵を作って、部屋で悪さをしていたようで。今までの動物の死体も、全部自分の仕業だと自供しました。
 ええ、今もまだ刑務所に入っていますよ。
 でも止まらないんですよ、死体。
 防犯カメラも設置したら、今度は管理会社の人間が夜中に忍び込んで死んだ魚を丁寧に並べていたところが映ってました。クビになった翌日、投身自殺したそうです。
 次は警備会社の男が窓を割って侵入して、猫を殺している最中につかまりました。彼は正気を失って入院しました。

 それからは開かずの間にしてたんですよ。この部屋。

 でもね、僕は怪談には目がなくて。部屋の中が気になって気になってしょうがなかった。
 面白半分に鍵をくすねて、部屋に入って……呼ばれていたんでしょうね、今思うと。
 済みませんね、巻き込んでしまって。
 まあゆっくりしていってください。痛いのも怖いのも一瞬だけです。
 大丈夫ですよ、寂しければまた連れて来てあげますから。


「なあ、みんな?」
 男の問いに、弾けるような笑い声が起こった。
 女の、男の、子供の、ばくりと後頭部まで開いた口が、ひきつるような単音を狂ったように吐き続ける。
 男が鞄から紐を取り出し、俺の首にゆっくりとかける。やめろ、やめてくれ、やめてくださいお願いします。
「そんな顔をしないでくださいよ」
 男はにたり、と唇の端だけで笑う。
「今後とも、どうぞ宜しくお願いします」
スポンサーサイト
[ 創作短文 / 2006.10.17 / Co0 ]






 x   Index  x 


[ Comment ]
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
 Secret


06/201707/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。