やちおさんハイブリッド!

Master

  • 有賀 冬
    lostendsleeps★mail.goo.ne.jp
    (★→@)



或る管理人の記録

  • ギャー!大変更新しておりませんでした!
    調子が戻り始めたので、またチョコチョコ更新再開いたします。


トラックバック


ブロとも申請フォーム


[ スポンサーサイト ]

Next x   Index  x  Back


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 / --.--.-- ]






[ バスルームのサロメ ]

Next x   Index  x  Back


「もっと優しくしてくれよ」
 彼が言う。
「あ、そこじゃないって。もっと上手くできないのか? このままじゃ明日になっても終わらないよ……全く、お前は何をやらせても駄目だな」
「うるさい!」
 私は叫んで、糸ノコを床に叩きつけた。タイルの上で金属音が弾けた。
 彼は切れかけた首をかたむけたまま、うなだれたように言った。
「ごめん」

 彼は腹に包丁を刺したままバスタブの中に沈んでいる。
 水はうすいピンク。毒々しさはない。血はほとんど居間で流れ果ててしまったのだと思う。
 浴槽のふちにもたせかけた彼の頭。
 喉には深い深い傷。
 私がつけたのだ。のこぎりで切ってばらばらにして、彼を捨てるために。

「いい加減にして。こんな時までお説教なんて聞きたくない!」
「悪かったよ」
 しおらしげに謝る。いつもそうだ。口が悪いくせに簡単に謝る。私を怒らせることばかり言って反省はしない。
「ごめんな、俺のせいで。お前には嫌な思いさせてばっかりだったよな」
「いまさら謝られても困るの」
「すまない」
「だからやめて」
 彼はもう死体だ。
 私は唇を噛む。本当なら、謝るのは私のほうだ。殺してしまってごめんなさい。痛いことをしてしまってごめんなさい。これからあなたをゴミのように捨てます、ごめんなさい。
 けれど、彼の瞳がそれを許さない。先回りして、彼のほうから謝ってくる。媚びるような視線が、逆に私を責めているようで辛かった。
「俺、ずっと不安だったんだ。一緒にいても、いつもお前は楽しくなさそうだったから。あんまりしゃべってくれないし」
 それは、と言いかけて口をつぐむ。どうせ何を言ったって言い訳にしかならない。
 ぽつ、ぽつと彼が語る。
「今ならわかる。そうやって黙ってるだけなんだよな。無口で仏頂面なだけだ」
 ごめんな、と彼はまた繰り返す。
「お前を信じられなくてごめん。お前が俺を殺すほど想っていてくれるなんて考えられなかった」
 涙があふれた。
 私は転がった糸ノコを拾うと、彼の傷口に当てた。滑るばかりで、うまく歯が進まない。ぎし、ぎし、骨ばかりがきしむ。
 何をしてるんだろう、私。
 情けなくて、馬鹿馬鹿しくて泣けてきた。彼は悲しそうな目で私を見た。
「もっと早くに、言えば良かったな」
「私も、ごめん」
 遅すぎる言葉が口をつく。
 気持ちがあふれて目からぽろり、ぽろり、落ちる。
「私、好きだった。大好きだったよ。つきあえて、うれしかった。ケンカしてても楽しかった。なのに、急に別れ話なんかするから」
「ごめんな」
「好きだよ。殺したくなかった……!」

 何を泣いてるんだろう、私。
 謝っても許されるはずないのに。なにもかも、今更だ。
 彼が私に何かを言ってる。しゃべれるはずのない死体がしゃべっている。幻覚なの、きっと。
 全部、私のなかのみっともない妄想。分かってる。分かってるのよ。
 だけど、私を見る彼の目はどこまでも透明で、私の甘えをずるずると引き出していく。 

 私は笑って涙をぬぐった。
「泣いちゃった」
「鼻水出てる」
「へへ」
 彼は優しく私を見ている。好きの気持ちがいっぱいにつまった視線。
 嬉しくて、自然に笑顔になる。
「なあ、ばらばらにしたら、俺をどこに捨てるんだ?」
「考えてなかったな。どこがいい? 海?」 
「海か。今年は行けなかったなあ」
「ケンカばっかりしてたから」
「でも、去年は行けたよな。合宿で」
 ああ、そうだ。思い出した。
「冬なのに海に行ったんだったね。寒かったね」
「お前、海に入ってたよな。裸足になって凍えながらさ」
「あはは、冷たかったよ」
 まだ、つきあう前の話だ。私も彼も、お互い片思いだと思ってた頃。
 こんな結末が来るなんて思いもしなかった。
「楽しかったなあ」
 彼も遠い目をする。
 バスルームに、私が糸ノコをふるう濡れた音だけが響く。
「行こうか、旅行」
 気がつくと、そんな言葉が出ていた。
「手も、足もばらばらにして、別々の海に捨てにいこう。身体の部品のぶんだけ旅行しようよ」
「そんなに金あんの?」
「つまらないこと気にしないで。いきたいところ、ある? どこでもいい、どこまでもいこうよ」
「そうか。南の島とか、いいな」
「うん」
「なあ」
「ん?」
「ありがとな」
 その言葉を聞いた瞬間、胸がいっぱいになった。
「あとちょっとだ。がんばれ」
「うん」
 ノコギリを浴槽でゆすいで、傷口に戻す。ばっくりと大きく口をあけた断面に細い刃を当て、力をこめて引く。
「骨を切るから時間かかるんだよ。医者はメス一本で全身を解体できるっていうぞ」
「へえ」
「ま、お前には無理か。不器用だもんな」
「またそうやっていじわる言う」
 彼が、目だけで笑った。

 ぶつん。

 最後の皮が捻るように切れて、彼の首が落ちた。
 重い音を立ててタイルの上を滑るように転がり、壁に当たって止まる。
「ごめん、大丈夫?」
 彼は喋らない。
「ねえ、大丈夫?」
 支えを失った彼の身体が、浴槽の中に引きずられるように沈む。
 彼は喋らない。むせかえるほどの水と血と死の臭いにいまさら気づく。
「大丈夫なの?」
 彼は喋らない。沈黙ばかりがしたたり落ちる。
「なんとか言ってよ!」
 彼は喋らない。
 黄色の目。うつろに開いた口。はみ出した紫色の舌。色を失った顔。どろりと流れ出す体液。
 午後三時の白い光の中、私は動けない。

 あ、海のにおい。
[ 創作短文 / 2006.09.06 / Co0 ]






[ モノリス ]

Next x   Index  x  Back


 父方の祖父が嫌いでした。
 無意味に怒って、殴るのです。
 機嫌の悪い時に近くにいると「何でクシャミをした! 馬鹿にしとるのか!」と意味のないいいがかりをつけるのです。祖父が気の済むまで暴行は終わりません。謝っても、意味がない。
 その時の俺はまだ子供でした。怒られたら「俺が悪かったのか」と反省しました。祖父を怒らせたのは俺の責任だと思って耐えました。父も母も見て見ぬふりでしたし。
 でも、ストレスはたまるのです。そういうときは蟻を潰して遊びました。黒い蟻の頭を、胴を、腹をプツプツと。単純作業に向いているのかも知れません。時間忘れて、延々とやりました。今でも時々やりますよ。プツプツ、ゴマを潰すように。

 命?
 ああ、蟻の命。そうですね、命は大切かもしれません。
 でも、蟻ですよ? 昆虫じゃないですか? 誰だってゴキブリが出たら殺そうとしますよね?
 虫を殺したくらいで犯罪者扱いするんですね。最近の警察は怖いな。

 歪んでましたね、きっと。ずっと、子供の頃から。
 だから、祖父が死んだ時は驚きました。
 死体を見たら、ますますびっくりしましたよ。鳥ガラみたいに白くて細い。一ヶ月前には、鬼みたいに大きくて強かったのに。永遠に生きているのだと思っていたのに。
 あ、俺が殺したんじゃないですよ、病死です。
 殺したいと思ったのは、祖父が死んでからです。
 葬式のあたりから段々腹が立ってきました。洗脳が解けたというのでしょうか。理不尽な思い出が頭をめぐって、むかついてむかついて仕方がなかった。
 その場で死体を殴りつけることは流石にできませんでした。死んだ人間に、痛覚もありませんしね。
 復讐したのは、祖父が埋葬された夜のことです。
 深夜に墓地に忍び込んで、墓石を倒しました。
 あれね、少しコツがいるんです。
 重いから、蹴ったり殴ったりしても無駄です。体重をかけて、引きずり落とすんですよ。刑事さん、やったことあります? 冷たく、すべすべした石に、手をかけて。
 ずず、ずずずず。石と石がずれていく音。こすれて、削れて、ずずず、ずずずずずず、ずずず。
 ずどん。鈍い音を立てて墓石は地面に転がり、ばっくり二つに割れました。
 俺は墓石の上で飛び跳ねました。物凄い達成感でした。何かを成し遂げる、というのは気持ちがいいものですよね。
 俺の仕業だとはばれませんでしたよ、もちろん。

 ところで、さっきから気になっていたんですが、あなたの格好は何ですか?
 ふざけた格好ですね。着ぐるみですか? 俺は真面目に話しているのに。

 話を逸らせているわけではないですよ。せかさないでください。
 それからは墓石を壊すのが癖になりました。
 イライラすることがあると墓地に行き、ずずずずずずず、ずどん。ずずずず、ずずずずずずずず、ずどん。
 何度聞いても、いい音でした。あの音を聞くだけで、何も怖くない気分になる。
 落ちるだけで割れない事もありました。その為にハンマーも買いました。たたき割って、石の内臓を覗くとスーっとするんです。
 ずご、ずご、ずご、がり、ずご、ずず、ばきん、ずご。すべすべの石の、ぎざぎざの断面があらわになる。肉に混じった脂肪のように、白い石英の粒が不規則に並んでいる。ゾクゾクしました。
 受験の最後の月なんて、単語カード片手に墓地めぐりでした。

 幽霊? いるわけないじゃないですか、そんなの。見たこともありませんよ。呪いなんかあるわけない。非科学的な事言わないで下さいよ。
 俺のやった悪事は以上です。面倒ですから全部自白しますよ。どうせ未成年ですしね。
 罪状は何になります? 器物破損ですか?


「殺人だよ」
 刑事が告げると、少年はひどく顔をゆがめた。
 クーラーの冷気を削り取るように、一文字ずつ言葉を発する。
「何を言っているのですか? 俺の話を聞いていましたか? 俺は墓石は壊したが、人殺しはしていません」
「君のハンマーから被害者の血液が検出された。何人も、何人分もな」
「人殺しなんて頭の悪い真似、俺がするわけないでしょう? 何言ってるんだ」
 少年が椅子を蹴って立ち上がる。
「あんた、本当は刑事じゃないのでしょう? そんなふざけた格好をして、俺をだまそうとしてるのでしょう? 着ぐるみなんて着て頭おかしいんじゃないんですかあんたら!」
 刑事は壁に備え付けられたマジックミラーに目をやる。鏡面に映る自分は、いつも通りのスーツにネクタイ。ドアの前に立つもう一人の刑事も似たような格好。少々くたびれてはいるが、異常な服装はしていない。
「君には、オレたちがどう見えている?」
 眼鏡の奥で、神経質そうな少年の視線が引き絞られる。
「……石だ。墓石だ。墓石が、灰色のスーツを着ている」
 刑事たちは顔を見合わせる。
「落としやすそうな墓石だ。ずず、ずずずずずず、いい音のしそうな石だ。ずずず、ずずずず、ずずずず」
「君には、自分がどう見える?」
 刑事は、ミラーを指さした。
 少年は自分の鏡像を見た。目が見開かれた。両手が顔に、頭に触れ、ぶらりと落ちた。
 重く噛みあわせた歯と歯の隙間から、ずずずず、悲痛な音が漏れる。
「石だ」
[ 創作短文 / 2006.08.31 / Co0 ]






[ ルナ・パークへようこそ ]

Next x   Index  x  Back


 シンユウのマサキがいなくなった。
 オレはマサキをさがして夜のまちにでかけることにした。

 夜のこうえんで、ピエロのふくをきたおとこにあった。
「探しものかい?」
「マサキだよ。オレのしんゆうだ」
「ふうん」
 ピエロはオレのかおをのぞきこむ。おけしょうのニオイがする。
「君が探しているものは、 存在しないものの影だろう? どこを探したって見つかりはしないよ」
「マサキがどこにもいないっていうのか!」
「存在しないものは、探しても見つからない。影は追いかけてもただの幻。――ただ一箇所をのぞけばね」
 そいつがぱちん、とゆびをならすと、こうえんがきゅうにあかるくなった。
 ぴかぴかひかる、たくさんのテント。ピエロはにっこりわらっておじぎをする。
「ようこそ、ルナ・パークへ。君の探し物はここにあるよ」


(し――ッ!)
 そのテントをあけると、しろいゆびが「しずかにしなさい」のかたちでとびだしてきた。
 ガイジンのおんなのこ。ふしぎのくにのアリスみたいなフワフワしたふくをきてる。
(マサキをさがしてるんだ)
(探し人ね。少し待ってて)
 テントのまんなかにはプラネタリウムみたいなでっかいキカイがあって、アリスのこえにブルル、ブルルとへんじをする。
「仕事よ。幻燈機」
 ブルルル。うなりごえがおおきくなった。パッとあかりがつく。
 スクリーンに、ニコニコえがおのマサキがうつってる。
「マサキ!」
 そこからさかのぼるようにぐるぐるながれる、たくさんのマサキのすがた。
 キャンプにいったこと。いっしょにじでんしゃにのれたこと。ガッコウにしのびこんだ夜。
 そして、そして――ブツン。
 スクリーンのそとに、マサキがいた。
「マサキ! マサキ、まーくん!」
 こどものころのよびかたで、マサキをよんだ。マサキはわらう。
『どうしたの? 元気ないよ?』
「まーくん、あのさ、あのさオレ――」
『いやだよ』
 マサキは、きゅうにクチをとがらせた。
『ちゃんと行かなきゃダメだもん。先生に怒られるのヤだよ!』
「まーくん?」
『だからダメだってば! そうじゃなくて。怒られないようにちゃんと準備しなきゃ。ね?』
 ちがう。
 これも、おもいでのなかのマサキだ。きのう、イタズラのやくそくをしたときのマサキ。
「ちがうよ。こんなのほしくないよ!」
 キカイはオレのこえをきくと、ブルン! とおおきくうなってから、うごくのをやめた。
 ――マサキはふぅっときえた。

 ふたつめのテントには、くろいフードのやつがピクリともせずにすわっていた。
「あのぅ、オレ、マサキをさがしてるんだけど……」
「…………」
「あのぅ?」
「待チビト来ズ!」
 そいつはものすごいこえでいきなりしゃべりだした。
「待チビト来ズ! 待チビト来ズ!! 巡リ巡ル螺旋ノ渦ニ交ワル糸モナク引キ会ウ縁ナク会エバ別レ会ワネバ会ワヌ! 待チタトコロデ甲斐モナシ! ケーッケッケッケェ!」
 そしてカクンとねむるように、またしずかになった。
 オレとマサキがもうあえないって、そういってた。
 むかついてキックしてやると、そいつはゆかにゴロンとたおれた。
「ケーッケッケェ!」
 オレはすぐにそのテントからそとにでた。
 ――べつに、こわくなったからとかじゃないぞ。ぜったい。


「君の親友はみつかったかい?」
「……ピエロのうそつき」
 オレはもうへとへとにつかれていた。
 いくつテントををさがしても、マサキはいない。だれにきいても、しらないっていわれる。
「かわいそうに。まだ君の探しているのが幻だとわからないんだね?」
「マサキはマボロシじゃない! オレのしんゆうなんだ!」
「マサキという名の少年は何処にもいない。君が見ていたのは存在しない影だ」
「カゲなんかじゃない! マサキは――まーくんはいるんだ!」
「――それが君の望み?」
 かおをあげると、ピエロがオレにてをさしだした。
「わたしと一緒に来るかい? 君の望む、夜のうつし世をあげるよ。
 そう、例えば――」
 ピエロがボウシをとった。ふくが、ゆかにおちる。
 ばさっとおとをたてて、のこったのはひとりのオトコのコ。
 オレは目をぱちぱちさせた。
「まーくん!?」
 いつものかおで、まーくんはわらった。
「おいでよ、一緒に遊ぼう!」
 まぶしいヒカリがさした。アコーディオンのおとがきこえる。
 てをつないだまーくんからは、夜のにおいがした。


「……ずっと、探してるんです」
 その少女は蓮見ハスミ真咲マサキと名乗った。
「私は、もう一度彼に会うことができますか?」
 占い師は、暗いフードの中でうつむいたままピクリともしない。真咲は苦笑した。お遊びの占いには重い話だ。

 彼が消えた日のことを――あの驚いて見開かれた眼を、まだ覚えている。
 いつも一緒に遊んでいた。親友だと思ってた。大好きだった。
 だけど、それは違う気持ちだと気づいて。
 幼い恋だった。けれど彼は真咲が告げるその瞬間まで、彼女が女だと知らなかった。……笑い話だ。

 いきなり占い師が顔をあげた。ガラスの眼を見開いて、けたたましく笑い出す。
「待チビト来ズ! 待チビト来ズ! 巡リ巡ル螺旋ノ渦ニ交ワル糸モナク引キ会ウ縁ナク会エバ別レ会ワネバ会ワヌ! 待チタトコロデ甲斐モナシ! ケーッケッケッケェ!」
 そしてしゃべりだした時と同じように唐突に沈黙した。
 真咲はカッとなって人形を突き飛ばす。白い顔が地面の上にごろりと転がる。
「ケーッケッケェ!」


 夜の中。アコーディオンの音色。
 天幕の裾が翻る。
 金色の光の中、少年たちの笑い声が弾けて、消えた。
[ 創作短文 / 2006.08.29 / Co0 ]






Next x   Index  x  Back



01/201703/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。